M&A・事業再生・事業計画策定など「デューデリジェンス」に特化した専門サイト

船井総研デューデリドットコム

M&Aについて

M&Aとは

M&A(エムアンドエー)とは、英語の mergers and acquisitions(合併と買収)の略であり、企業の合併や買収の総称です。

M&Aの分類と目的

M&Aはいくつかの分類に分けることができます。ひとつは事業を拡大するためのM&A(事業拡大型)であり、もうひとつが売却益を目的とするM&A(投資型)です。

まず、事業拡大型のM&Aは大きく4つに分類することができます。

投資型については、ファンドが一定期間保有することで売却益を求めるものです。

【M&Aの分類・目的・難易度】

分類 詳細分類 目的 案件難易度
事業拡大型
同事業拡大型 同事業をM&Aにより、早期拡大・補強。
(例)同業者の営業所や店舗の買収等
同事業であればM&A案件の中では比較的難易度は高くない。
水平拡大型 既存事業と類似事業をM&A。
(例)量販店がドラッグストアを買収等
デューデリジェンスに加えて事業構造、ビジネスモデル掌握、企業文化や風土の違いを把握する必要があり、難易度はとても高い。
垂直拡大型 既存事業をM&Aによい垂直統合。
(例)メーカーが卸や小売業を買収等
無軌道拡大型 本業との相乗効果は考えず投資採算を優先してM&A。 投資採算の判断が重要であるため、難易度は高い。
投資型 投資型 ファンドなどが一定期間保有し、売却益を求めるM&A。

arrow

nagare

txt01

arrow

専門家集団による評価・分析
クリアすべき項目
①自社のビジョンに投資対象企業は合致しているか
②買収する企業を活かすことができる
メリットとリスクの洗い出し
【メリット】
・コスト削減メリット
・売上アップメリット等
【リスク】
・ビジネス、アカウント、リーガルの各専門家による予測

txt02

arrow

txt03

船井総研が実施するM&Aデューデリジェンスの特徴

船井総研では、各デューデリジェンスを専門家が担当することで、より精度の高い企業価値の算定を行うことができます。

POINT 1

各業種別コンサルタントによるビジネスデューデリ

POINT 2

会計士の資格を有するコンサルタントによるアカウントデューデリ

POINT 3

船井総研の全国ネットワークを活用した法律専門家によるリーガルデューデリ

船井総研がこれまで培ってきた経験やノウハウ、ネットワークを活用することで、企業の実態をより細かく分析・評価することが可能です。

<div class="contact_bnr clearfix">
<p class="fL">M&Aや事業再生・新規事業のための調査診断など、デューデリジェンス<br/> に関するご質問や専門コンサルタントに聞いてみたいことがある場合<br/> には、初回のご相談に限り無料相談をさせていただきますので、<br/>お気軽にお問い合わせください。</p>
<p class="fR"><a href="https://www.funaisoken.ne.jp/mt/funai-duedili/contact.html"><img src="http://funai-duedili.com/wp/wp-content/uploads/2014/07/contact_btn.png" alt="contact_btn" width="191" height="34"/></a></p>
</div>

無料経営相談受付中

innovation

「ビジネスデューデリジェンスを行う ための行動チェックシート集

デューデリコンサルタントBlog

無料メルマガ登録はこちら

メルマガバックナンバー

自主調査レポート

船井総研officialwebsite

船井総研の事業承継・M&A専門コンサルタント

学校経営

調査の総合窓口

経営企画

brandingnavi

船井総研ショッピングセンター

地域ブランド創造チーム

中途採用

人材開発コンサルティング

取材