M&A・事業再生・事業計画策定など「デューデリジェンス」に特化した専門サイト

船井総研デューデリドットコム

成功事例

btn01

btn02

btn03

btn04

bnt05

M&A(買収側)

結果

ある不動産投資ファンドが保有している不動産投資案件(テナントが歯科医院、家電量販店、スポーツジム、GMS等)に対して、テナントの立場から、今後のテナントの業績予想及び業績の変化による賃料下落可能性の調査を当社ビジネスDDにより、行う。
保有案件についての引き続き保有を行うか売却するかの判断を行った。

背景

金融緩和により不動産投資に対して、市場の資金が集まり、一般的な不動産投資案件(事務所ビル、レジデンス物件)に対する利回りが低下している。その結果、利回りが比較的得られる地方の特殊不動産案件(テナントが歯科医院、家電量販店、スポーツジム、GMS等)に投資検討を行っている不動産投資ファンドが増えている。当社としては、ファンドがすでに保有している案件に対して、過去と比べての現在のテナントの業況の予測、賃料下落の可能性を調査するため、デューデリジェンスを行った。

実施したこと


txt02

img02

結果

ある企業がファンドより持ち込まれた新規事業として全国展開している飲食チェーン店のM&Aを検討。
当社ビジネスDDにより、その企業をM&AするリスクとM&Aによるその企業の相乗メリット、企業の将来性、現段階で改善により出せる利益額などを判断材料として提示、結果、M&Aを断念する結論を出す。

背景

その企業は多角化を実施しており、また、すでに飲食店も手がけており、M&Aに前向きとうことからファンドから、全国展開している飲食チェーンを買わないかという相談が持ちかけられた。その企業は、当社のクライアント先であり、過去にもM&Aのデューデリアドバイスを実施している関係から、今回も当社にM&A可否判断のためのデューデリジェンスを依頼いただく。調査機関20日という短期調査を実施。

実施したこと

<div class="contact_bnr clearfix">
<p class="fL">M&Aや事業再生・新規事業のための調査診断など、デューデリジェンス<br/> に関するご質問や専門コンサルタントに聞いてみたいことがある場合<br/> には、初回のご相談に限り無料相談をさせていただきますので、<br/>お気軽にお問い合わせください。</p>
<p class="fR"><a href="https://www.funaisoken.ne.jp/mt/funai-duedili/contact.html"><img src="http://funai-duedili.com/wp/wp-content/uploads/2014/07/contact_btn.png" alt="contact_btn" width="191" height="34"/></a></p>
</div>

無料経営相談受付中

innovation

「ビジネスデューデリジェンスを行う ための行動チェックシート集

デューデリコンサルタントBlog

無料メルマガ登録はこちら

メルマガバックナンバー

自主調査レポート

船井総研officialwebsite

船井総研の事業承継・M&A専門コンサルタント

学校経営

調査の総合窓口

経営企画

brandingnavi

船井総研ショッピングセンター

地域ブランド創造チーム

中途採用

人材開発コンサルティング

取材